言葉の意味からニュアンスそして解決策まで

SOCIAL MEDIA

言葉の意味からニュアンスそして解決策まで│イミペディア

高校のクラス替えで「ぼっち」にならない方法を紹介します

2018.5.15

高校のクラス替えで心配なことは「ぼっち」になってしまうのではと不安になる方も多いのではありませんか?

一番大きな不安は「クラスの人と上手くやっていけるのか」「新しい友達は出来るのか」になります。

クラス替えで「ぼっち」にならないための方法、もし「ぼっち」になってしまった場合の対処法など調べてまとめてみました。

高校のクラス替えでぼっちにならためには?

同じ中学から行った友達がいない・・・そんな時は新しい友達を作るしかありません。同じような立場も人は多いはず。皆新しい友達を作りたいと考えています。

そのためには、友達になれそうな人に自分から積極的に話かけていくようにしましょう。
いきなり話かけることは勇気が必要です。いきなり話かけて変な人だと思われたら・・・と不安になるかもしれません。しかし、他の人も友達を作りたいと思っているのであれば、嬉しいのではないでしょうか?

突然話しかけるという行為は、友達ができていない最初の時にしかできないことです。グループができ始めてしまうと、話しかけづらくなってしまいます。

自分から行動しないと、何も始まりません。まずは席が近い人に勇気を出して話しかけてみるのもよいでしょう。

クラスの中を見渡して、気の合いそうな人を探してみてもよいでしょう。また、一人でいる人、友達がまだできていなさそうな人に声をかけてみてもよいでしょう。

高校のクラス替え!ぼっちにならない方法とは?

話しかける時には、相手が話をしやすい話題を用意しておきましょう。その方が会話もスムーズになります。

まず、相手の持ち物に注目しましょう。机の上にあるペンケースやシャーペン、またバッグに付けたバッヂなど、もし相手が特徴的なアイテムを持っている場合はそれを褒めるのです。「それどこで売ってるの?センスいいね。」などと言ってみるのです。自分の持っているものを褒められると嬉しいものです。話が一気に盛り上がる可能性もあります。

持ち物以外では、時間割などの授業の話題、テレビ番組や人気の芸能人の話題などでも良いでしょう。しかし、マニアックな趣味の話や友人関係のことはNGです。最初は気軽に返事ができるような話題にしましょう。

話している時に相手がスマホの画面を見たりした時は、待ち受け画面をチェックしてみましょう。相手の趣味がわかるからです。そこから話題が広がっていくかもしれません。

高校のクラス替えでぼっちにならない!印象をよくするポイント

自己紹介では、自分の印象を良くするようにして行いましょう。

まず笑顔!これが一番重要です。知らない人の前なので緊張してしまうのは仕方ないことですが、笑顔があるかないかで印象は変わります。笑顔で話すように心がけましょう。笑顔を作るためには、口角を上げるようにしましょう。

そして、小声にならないように大きな声ではっきりとゆっくりしたスピードで話すようにしましょう。恥ずかしさから小さい声になってしまいがちですが、大きな声でゆっくりと話す方がみんなも聞きやすいのです。

声色もちょっと高めにすると好印象です。「こう呼んで欲しい。」というあだ名があれば言ってみましょう。

事前に自己紹介の文章を作っておきましょう。練習しておけば、緊張も減ります。

自己紹介は自分をアピールする場所です。しっかりと伝えることができれば、人柄も伝わり「友達になりたい。」と思ってくれる人も現れるでしょう。

高校のクラス替えでもし「ぼっち」になってしまったら

友達を作るために、少しイメチェンしてみてもよいでしょう。髪型を少し変えてみたりするだけでも新しい気分でクラスメイトを接することができるかもしれません。

部活や委員会で新しい友達を作るという方法もあります。クラスよりも人数も少ないので、友達も作りやすいのではないでしょうか?人との距離感も縮まりやすいでしょう。

習い事にチャレンジしてみてもよいでしょう。自分が興味があることでも流行していることでも何てもよいのです。そこで新しい友達ができるかもしれません。スポーツ系の習い事であれば、気分転換もできます。ぼっちの悩みなんで飛んでいってしまうかもしれません。

以前から趣味を持っている人は、その趣味の世界を広げるようにしてもよいでしょう。同じ趣味を持つ友達を持つことによって、視野が広がるかもしれません。

バイトして友達を作るという方法もありますが、慣れるまで時間がかかるかもしれません。最初は負担の少ないバイトから始めてみましょう。

高校のクラス替えは何を基準に行われているの?

どの学校でもクラス替えをする時は、まず「成績順」で振り分けるようです。学力が偏らないために行います。

もし成績の良い人ばかり同じクラスになってしまうと、授業も早く進んでしまう可能性があります。反対に成績がイマイチの人が多いクラスだと、反対に授業がなかなか進みません。

仲の良い友達と成績が同じくらいであれば、次のクラス替えで同じクラスになれないかもしれません。

成績順に振り分けられたら、今度はスポーツ面・生活面・リーダー性で均等が取れているかを見るようです。

スポーツができる生徒ばかり集まったクラスになってしまうと、体育祭の時のクラス対抗リレーなどで差が出てしまうためです。

生活面も同じです。不真面目な生徒が多いクラスになってしまうと、授業崩壊が起きてしまうかもしれません。

リーダー性を持った生徒も大切です。一人もいないと、文化祭などの行事がうまく進んでいかないかもしれないからです。

このような理由から、偏りの少ないクラスになるように振り分けしているようです。

この記事の編集者

意味ペディア編集部

意味ペディア編集部

意味ペディアは、言葉の意味だけでなくニュアンスや解決策など、知りたい言葉を個人的見解も含めて解説するメディアです。調べ物の参考程度にお読みいただくことをおすすめします。

WEB SITE : https://imi-pedia.com/

 - 学校