言葉の意味からニュアンスそして解決策まで

SOCIAL MEDIA

言葉の意味からニュアンスそして解決策まで│イミペディア

黒猫は不吉なの?横切ると不幸が訪れるという間違ったジンクス

2018.5.15

黒猫は不吉なネコなんてイメージがあるようですが、違いますよ!

日本では、黒猫は古くから魔除けや厄除けの象徴でした。
黒猫が横切ると不吉なことが起こると言われているのは、間違った迷信です。

黒猫に限らず、猫がもつ本能に助けられた人たちもたくさんいます。

黒猫ちゃんが近づいてきたら、それは幸運をもたらす前兆だそうです。

世界各国で黒猫が幸運の象徴であるエピソードもまとめてみましたので是非ご覧ください!

黒猫は不吉なネコ?黒猫が横切ると不幸なことが起こるってホント!?

艶やかな黒い毛並みのネコ。
金色に光る眼と、ひっそりと忍び寄るような歩き方は「不吉な予感」を思わせるようなところがあります。

『クロネコが横切ると、不吉なことが起こる』

なんて言い伝えを聞いたことがあると思います。

これって、いつから言われているのでしょうか?

人間は、不吉な事や自分に都合が悪い事が起こると、誰かのせいにしたくなるものです。

どんなことでも、自分に責任があるものです。
誰のせいでもないですよね?

そんな時、「きっとこれはあの時クロネコを見たからだ!」なんて、八つ当たりをしたことが言い伝わったのではないのでしょうか?

クロネコが悪の化身?
こんなカワイイ化身なら、たくさん悪さをしても許しちゃいますよね?

妹の車の下に、産まれたての黒猫ちゃんがミーミー鳴いていました。
飼うつもりはなかったけれど、知らんぷりもできなかったので家に上げたそうです。
そうすると、もう、外に出すことはできませんよね。

でも、妹一家に不幸は訪れず、猫を中心に一家4人楽しく過ごしているようで、インスタグラムにしょっちゅう黒猫ちゃんの写真をUPしています。

小さな黒猫が妹家族に生活のハリと生命の喜びを与えてくれたようです。

黒猫は不吉なことが起こるのではなく不吉なことを遠ざけてくれます!横切るのは厄除けです!

昔から、日本では「黒猫は厄除け」の猫と言われています。

黒猫の招き猫は「魔除け」のご利益があると言われています。
ですから、不吉とは無縁の黒猫ちゃんなんですよね。

真っ黒なボディーに金色のくりくりした目。
小判の生える黒い色の招き猫は、ご利益の塊のように見えます。

黒猫が不吉だなんて言われちゃってますが、それは違います!

黒猫は魔除け厄除け、無病息災の象徴なんですよ。

黒猫が不吉だと言われてしまっているのは、西洋に伝わる「黒猫は魔女の化身だ」とか「魔女の使い手だ」と言う言い伝えによるものだと思います。

同じ西洋でもニュージーランドでは「黒猫は妖精の化身」と言われていて、結婚のお祝いに黒猫をプレゼントするというのが一般的なのだとか。

黒猫が自分の前を横切ったり、家の前を通ったりしたときには「不幸が訪れる」なんて感じないで「悪いものを追い払ってくれたんだ!黒猫ちゃんありがとう!」と感謝する気持ちを持ちましょう。

可愛らしい黒猫ちゃんを悪者なんかにしないでくださいね。

黒猫は不吉な出来事が起こる象徴なんかじゃありません!横切るのを見ると幸運が訪れる証です!

猫には不思議な能力があると言われています。

神秘的な能力を持つ猫。

黒猫が自分の前を横切ると不幸が訪れるなんて話を聞きますが、これは間違えです。
黒猫に限らずに、猫には吉凶を分ける能力があると言われているんです。

猫が横切ると、不幸を終わらせてくれるのだとか。

この、吉凶の分かれ目を辿ることができるのが猫だと言います。

猫が分けてくれた、幸せと不幸の分かれ目をしっかりと読み取って、あちらの世界に飛び込みましょう!

何をバカなことを…

なんて言われるかもしれませんが、そんな風に時空の切れ目を、黒猫が知らせてくれていると思ったら、楽しいじゃないですか?

カワイイ黒猫ちゃんを悪者にしないでくださいね。

昔から、招き猫は黒猫ちゃんでした!

今、世界でも大人気の「招き猫」

招き猫には、色々ないわれがあります。

まずは、あげる手。

右手を上げている招き猫はお金を招き、家内安全を願うと言われています。
反対の左手を上げている猫は、商売繁盛の招き猫。
あまり見かけませんが、両手を上げている招き猫は人を招く招き猫だと言われています。

また、色々な色の招き猫が居ますよね?

三毛猫は福を呼び、緑色の猫は交通安全、青色は学業で、ピンクの招き猫はそのものずばり恋愛成就の招き猫です。

黒色の招き猫は魔除けや厄除けのご利益があり、日本で初めて作られた招き猫はこの、黒い色の招き猫だったそうです。

ですから、昔の人は家に病人が出ると黒猫を飼ったそうです。
なんと、沖田総司は結核を治すために実際に黒猫を飼ったんですって!

黒猫ちゃんに病気を食べてもらうんですね。

猫に教えられること。猫が教えてくれることを感じ取って。

私たちの身近な動物。

犬、猫、鳥…

ペットとしてどうして自分の身近に置いておきたいと感じるのでしょうか?

多分、自分は感じないかもしれませんが、それは動物の持つ不思議な力を感じたいからかもしれません。

犬には、人を癒す力があると言われていますし、猫には予知能力があると言われています。

飼い猫ではなく、野生の猫には自然の摂理に従って人生を全うするほかありません。

自然の中で生命を全うするには、とる行動に意味を持たせなければなりません。

最小限の動力で最大限の行動を起こさなければならないのです。

そのように研ぎ澄まされた感覚を常に持つ猫に、人間には備わっていない能力があるとしてもおかしなことではないはずです。

黒でも白でも茶色でも、猫が知らせてくれる予兆を私たちはありがたく感じ取らなければなりませんよね。

この記事の編集者

意味ペディア編集部

意味ペディア編集部

意味ペディアは、言葉の意味だけでなくニュアンスや解決策など、知りたい言葉を個人的見解も含めて解説するメディアです。調べ物の参考程度にお読みいただくことをおすすめします。

WEB SITE : https://imi-pedia.com/

 - 知識・雑学